動産総合保険

リース・分割払い期間中、物件について偶発的な事故により生じた損害を補填するため、動産総合保険を付保しております。


○動産総合保険付保のご案内○

保険の対象となる物件

各種機器・設備等。 

※ただし、自動車、船舶、ソフトウエア、据付工事等は対象外。
保険の対象となる主な損害 ●火災 ●爆発・破裂 ●破損 ●落雷 ●漏損 ●盗難による損害 
●物体の飛来 ●落下 ●車両の衝突・接触による損害 ●いたずらによる直接の損害 
●風水災(台風・旋風・暴風雨等)による損害
保 険 期 間 リース契約が成立し、物件がお申込者さまに引き渡された時(リース開始日)から、リース期間が満了するまで。
保 険 の 内 容 @物件が修理可能な場合、お申込者さまが事故の負担で物件を修理、修復されたときは、
 保険金(対象物件の簿価が限度)を修理費用に補填します。
A物件が修理不能(全損)の場合、保険金(対象物件の簿価が限度)を残リース料に補填します。
 保険金が残リース料に満たないときは、その差額をご負担いただきます。
 なお、全損かどうかの判断は、保険会社が行います。

△保険の対象とならない主な損害△

@故意または重過失による損害
A地震、噴火、津波による損害
B物件の瑕疵、自然消耗、性質損(変質、変色、腐食、さび)、ねずみ食い、虫食い等による損害
C物件を加工した場合、加工中・加工後に生じた損害
D偶然な外来の事故に起因しない電気的・機械的事故による損害
E詐欺、横領、万引きによる損害
F事故による逸失利益などの間接損害
G紛失、置き忘れによって生じた損害  等
※保険の対象とならない損害に対しては、保険金は支払われません。
 また、手続き上、保険金支払いまでに日数を要する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
●損害を受けた機器について保険会社/鑑定事務所から立会調査または事故状況把握のための連絡が入る可能性があります。
●全損の場合は、保険会社が物件を回収、調査させて頂く場合があります。

リース契約のご説明へ戻る